歯の健康サポート

インプラント安全神話~成功率から見たインプラントの実情~

前回まで2回、インプラント治療における問題点を書いてきました。それらの問題点をふまえ、今後の治療に対しての課題を考えてみたいと思います。

例えば使用されるインプラントやネジの強度などについて安全を保障するデータは一切公表されていません。インプラントやネジが破折することは学会などでも報告されています。そのようなトラブルの解決策を考える上でも、基本的なデータが必要です。

しかし、我々歯科医師はデータが公表されていないことすら知りません。その知らないという事実すら認識していません。以前にインプラントメーカーに強度などに対する基本的なデータを公表するように求めましたが、企業秘密ということで公表してもらえる会社は1社もありませんでした。

また、インプラント成功率は90%以上とよく言われていますが、その成功率は有名な大学病院やスタディーグループでのデータであり、そのデータが全ての歯科医院にあてはまる成功率ではありません。それぞれ設備、経験、技術、知識に違いがあり、メーカーが言うインプラントの成功率がインプラント治療を保障することにはなりません。まさに、インプラント安全神話を歯科医師がまず認識する必要があります。

その他にも、インプラントは元の歯より感染に対し非常に弱く、あっという間に感染したり、抜けることがあります。治療後のメンテナンスが非常に大切です。このようにインプラント治療は他の治療と同様にクリアしなければならないことが多く残されています。私も30年近く、多くのインプラントを手がけてきましたが、未だ問題点を考えざるをえません。なによりも患者さんのことを考え、共に歩む歯科医院でありたいと思います。

赤木歯科 赤木 誉 院長 赤木歯科 赤木 誉 院長

歯学博士。1984年赤木歯科開設。 33年前からインプラント治療を行う。米インプラント学会アソシエイトフェロー、日本口腔インプラント学会認定専門医・指導医。歯科医師臨床研修指導医。再生医療認可施設。


トップに
戻る